« 佐渡前100㎞ぼっちツーリング決行! | メインページへもどる | 今年初の川西で、ようやくモトクロス開始!(遅っ!) »

       

2017年05月03日

ナックさん、TBI早退にて特別CP新潟でビバーク!


SSER ORGANISATIONより
GWに四国で開催されているコマ図ラリー、TBI(ツール・ド・ブルーアイランド)を、残念ながら怪我でリタイアしたナックさんが、


1000kmを越える帰り道の途中で、新潟に寄ってくれました〜!
夜8時半、まずは@BOSS御用達「生もつ」が名物の地元ホルモン屋さんでカンパイ!

左手に比べて右手が赤ちゃんのようにぷくぷくなのがお痛々しや(TωT)

でも嬉しいなあ。
まさかGWにここ新潟でお会い出来るなんて。
(ホントは喜んじゃいけないのでしょうけれど。^^;)

「ほら、慰めてよ、慰めてよ。」
とおどけるナックさんでしたが、2軒目になると話は
「何故かまたはあれほど林道を走れないのか」
というテーマとなり…


「なんで林道が苦手なの?」
先がどうなっているかわからなくて不安なんですよ。。。
「直感力を鍛えた方がいいね。
かまちゃんは、こういうお店でメニューを選ぶ時、すご〜く迷うでしょ?
パッと決めるの。パっと。」
そう、本当に私はすぐに判断できず、あれこれぐずぐず迷うのです…σ(^_^;)


「あと、林道をどんなふうに走りたいか言ってごらんよ。」
えーっと…あれ?
自分がかっこよく林道を走る姿を思い描いてみようとしましたが、まったく想像できません。(TωT)

「それだよ!
イメージできないのに走れるわけないじゃん。
セルフイメージを書き換えなきゃ!」

うーん、言われてみれば確かにそのとおりかも。
トライアルやモトクロスでは、
「かっこいい!あんなふうに走りたい!」
というイメージはあって、出来てはいなくても、そこへ向かって練習できるわけですが、こと、林道に関しては、まったく走れなかった頃に出て骨折リタイアした、あの北4でのトラウマが未だ尾を引き、「林道」と聞くだけで、

・怖い
・つらい
・不安でいっぱい

という、暗雲垂れ込めたネガティブなイメージしか浮かびません。

よーし、今日から毎日YouTubeで動画を探しながら、「かっこ良く林道を走るかまたさん」にセルフイメージを書き換えます!

あれ?

ナックさんを慰める会のつもりが、いつの間にかにナックさん本業のコンサルティングを受ける会になってしまいました。
先生、講習料は出世払いでお願いします。m(_ _)m

***

【5月2日】

翌日は、朝からのんびりと近くの温泉で傷と心と疲れを癒やし、


まだ雪の残る山々を臨むダム湖で、遠く四国に想いを馳せるナックさん。


本当なら今頃、五十嵐川ではなく、四万十川周辺にいたはずなんですもんねσ(^_^;)

まだ春の浅い山々は、芽吹き始めたばかりの淡い緑が重なってとてもきれいです。
新潟では珍しい青空のもと、気持ちのいいドライブをして向かった先は、


大人気アウトドア・ブランド「snowpeak(スノーピーク)の本社に併設された、スノーピークHeadquartersキャンプフィールド。


実は私も訪れるのは初めてです。
「スノーピークファンの聖地」とウワサには聞いていましたが、


すごーい!
北海道のキャンプ場みたい!
こんな場所が家から30分くらいのところにあるなんて!
今度から自転車での外トレーニングはここを目指してこようっと!

「はい、かまちゃん、ポーズ取って」
とナックさんに言われて、


カシャ!

「スノーピークのブランドイメージ的にアウト」
と@BOSSからダメ出しをされ撮り直し。( ̄∀ ̄;)汗


カシャ!
はい、オッケーでーす。(笑)

じゃあ、今度はナックさんとウトロンを撮ってあげましょう。


「ほら、ウトロン、笑え!」
むぎゅーっと笑わされているウトロンですが、こう見えて実は嬉しいウトロンです。笑

スノーピークの後は、恒例「あぶらげラリー」を開催。

繁忙期のGWは予約販売のみで、店頭揚げたてを食べられないお店もたくさんあったのが残念!
というわけで、本日のCP(チェックポイント)は、


道の駅に出店していて、先日ケンミンショーでも紹介された佐藤豆腐店さん、


かなり肉厚で一切れが重めの「毘沙門堂」さん、


そして、器がエビせんべいで作られている「ぽっぽ」さん。


「栃尾の油揚げ」をまったく知らなかったナックさんでしたが、栃尾の油揚げの歴史とともに味もご堪能頂けましたでしょうか。
本当はもっと食べ比べをしたかったのですが、3人で3軒回ると結構お腹いっぱい。^^;


腹ごなしに、地元を一望できる栃尾城址、通称「城山」へ登ることに。
ここは、上杉謙信公が幼少の頃を過ごした城跡です。


「おー、この眺めはすごい!」
サンダル履きのナックさんには少しきつい登りだったと思いますが、疲れが一気に報われる景色でしょう?^^
夕暮れ時の風が涼やかに頬をなでます。


最後にみんなで記念撮影。
ウトロンが逆さまになっちゃいましたが。笑


「じゃあな、ウトロン。」
きゅ〜ん、きゅ〜ん。
午後5時過ぎ、ナックさんは最終ゴールへ向けて出発しました。

あまりにもきれいで楽しい一日で、ナックさんの車を見送った後は、しばらく「ナックさんロス」となったウトロンと私です。

ナックさん、新潟に寄ってくださってホントにありがとうございました。
TBIリタイアは残念でしたが、GWにこんなふうな時間を過ごせるなんて、思ってもみませんでした。
今度はまたいわきでお会いしましょう!
それまでに私の課題である「直感力の訓練」と「セルフイメージの書き換え」を練習しておきますね。

ではでは!
また来てくださいね!!*\(^o^)/*

投稿者:かまた  2017年05月03日 17:00

コメント

投稿者:Nori   2017年05月06日 09:57

誰かに引っ張ってもらえると、いろんなことがわかっていいんだけど、誰かに引っ張られて自分のペースが保てないと、辛くなったりしませんか。
もちろん、引っ張ってる側も、自分のペースでないので辛いんでしょうけれども。
でも、単独行も、それはそれで苦しいものだったり。トラブルがあった時に対処できなくなってしまったり。
仲間がいるというのは、嬉しくもあり、辛くもあり。と、思ってしまう自分がいます。
それに、仲間は保険じゃない。
レースをしている人(他者と戦っている人)は、どんな感覚で走っているのでしょうね。
不安は内側から出てくるなんて言いますけど、どんだけ準備してても、本当にこれでいいのかという思いは、常につきまといますし。
ただ、先輩は、辛いとおっしゃっていても、僕から見てると「楽しそう」です。いいなー。
栃尾のあぶらげ。こちらのスーパーでも見かけるようになりました。時々、食べてます。たっぷりの生姜と少しの醤油で。

投稿者:かまた   2017年05月08日 10:38

>Noriさん

一人で走るのも、仲間と走るのも、それぞれの喜びがありますよね。
自転車は一人でも走りますが、バイク(モーターサイクル)だと、私の場合はまだまだ危険だと思うので単独走はしません。
(だから、単独になるラリーはドキドキの連続です^^;)
あと、私が一緒だと足手まといで申し訳ないなーと思いつつも、バイクで新しい友達、新しいつながりができるのが好きなんだと思います。
Noriさんも、そんなにあれこれ悩まないで、Noriさんが「楽しい♪」と思うツーリングをするのが一番だと思いますよ*\(^o^)/*

栃尾の油揚げ、刻んだ小ねぎと鰹節をたっぷり載せて、だし醤油で食べるのもおすすめです!

コメントしてください


(「通りすがり」などの匿名系はご遠慮ください)



保存しますか?

書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます。
(コメントにURLが入っていると一時保留となる場合があります)