« 北海道4days2018に本エントリーしました! | メインページへもどる | 川西ルーキーズクロスR2開催! »

     

2018年06月21日

GS Camp Meeting(キャンプミーティング)2018

GSトロフィーでやってたアレに挑戦!

ん??

奥寺ひょっこりはん発見…( ̄∀ ̄;)ナーンダ

6/16〜17日、福島の羽鳥湖で行われた「GSキャンプミーティング2018」に参加してきました!
去年初めて参加して、GSでの初オフロードを体験した想い出深いイベントです。
去年のようすはこちら。

【金曜日】

金曜日の夕方、仕事を早めに切り上げて出発。
今年はGWに骨折し、先日退院したばかりの@BOSSが、まだまったく足に荷重できない状態で、トランポに私のR1200GSを積み下ろしすることができないため、


北4ラリーマシンのSUGAWARAセローを積んで行くことに。
まあ私自身も骨折から半年、バイク自体がリハビリ中で、来月の北4に向けてコマ図ツーを練習できる良い機会でもありますのでご勘弁を…f(^_^;)


「それいけウトロン号」(バス)は私も運転できるのですが、
「あんたの運転だと何時に着くかわからないから。」
ということで、左足を使えないはずの@BOSSがマニュアル車であるバスを運転。


夜8時頃、雨の羽鳥湖キャンプ場に到着。
原サイクルさんのキャンプサイトにご挨拶に伺うと、すでにお食事は一段落、焚き火を囲んでのバイク談義に花が咲いていました。


「バー・HARA・ドルチェ」」、
シェフはもちろん「レストラン・ドルチェ」の伊井さんです。


アメリカから帰られたばかりの桑原さんとも再会。
お久しぶりです!
今年は北4に出られないんですね。
またいつかご一緒できますように!


華やかな「Haraドルチェ」から私たちの住む薄暗いスラム(駐車場テント)へ。笑
柳井さん、ナックさん、タジーと一緒に再会を乾杯!


モンゴルで開催されたGSトロフィー2018から帰ったばかりのタジーから、いろんなお土産話を聞きました。
あまりの寒さに私は1時で寝袋へ。
他の皆さんは2時頃まで起きていたようです。


【土曜日】


「朝でつ。」
寝起きのかわいいウトロン。笑


朝6時過ぎ、霧雨の羽鳥湖畔をウトロンと散歩。
この紫の花はルピナスでしょうか。


本日は「GSであそ部」の皆さんと一緒に、オフロードコマ図ツーリングのロングコースに行ってきます。
去年のロングコースは80kmくらいでしたが、今年は180kmあるそう。
しかもあの大和さんがルートのコーディネートに携わったそうです。
楽しみです!
まずは出発前に記念撮影。


「あれ?ライトカウルは?」
と@BOSSに言われ、見てみると…
「あっ!!Σ(・∀・|||)」
ICOの電池を交換した際に付け忘れたまま積んできてしまいました。
バカー!!
とりあえず何か応急処置を考えなくては!!


本日のコマ図。
「ここからクレバス(深い溝)が連続。ライン取り注意」
そしてお墓マーク。。。
大丈夫可、ワタシ!?( ̄∀ ̄;)汗


「チームあそ部(?)」はほぼ最後尾で出発。


林道の道端でお昼休憩。
コマ図に書かれたクレバスは確かになかなかのものでしたが、セローの私は特に問題なく。
それよりパパ(ツアラテックジャパン水谷さん)の1200GSで怖気づくこともなくあれを越えてきたアイちゃん、すごいです♥


ちょうど松井勉さん率いる「林道アテンドツアー」の皆さまとすれ違いました。


私たちはその後も引き続きコマ図ツーリング。
リハビリ中の私ではありますが、少しずつ林道にも目と体が慣れて、楽しく走れるようになってきました。


部長のマシンの特等席に鎮座するアトラス君ステッカー。
ありがとうございます!


その部長、マップケースのネジが脱落してしまったらしく応急処置中。


私も部長を見習って、もう少しきれいに処置すればよかった。。。


暑くもなく、寒くもなく。
楽しいペースで走ることができました。
特に最後の2本の林道は気持ちよかったな〜。


今回のコマ図ツーは2日間とも、私の前をGSに乗るナックさんの後を追う形で走ったのですが、もちろんついては走れないものの、見えている範囲では、ライン取りや他のマシンのパスの仕方などを見せてもらって、公道でのペースも含めてとても勉強になった気がします。


前にナックさんが見えなくなった後は、去年の北4のDAY3で雨の林道を一緒に走って引っ張ってもらった林克己さんとの、あのなんとも言えない気持ちのいいペースを思い出してイメージしながら走りました。

それから、去年のGSコマ図ツーの出発時にもらった
「かまたさん、危なくなったらアクセルを開けるんだよ。」
という部長のアドバイス。
これは今も常に頭に刻んで走っていますが、実は今回も…

今朝出発する際に
「リアタイヤ、どれくらいで走ればいいですかね?」
と@BOSSに聞いた時、

「かまたさん、自分で決めればいいよ。
それで走って、違うなと思ったらやり直せばいいし、自分で決めて、それを(自分の責任で)やってみれば覚えるよ。」
逆に言うと、@BOSSに聞いて、それをそのままやっていたのでは覚えないし身につかない、ということですね。

今回林道を走りながら、朝部長に言われたこの言葉をずっと意識しながら走りました。
例えば、今まではすぐ前の人が走ったラインがとりあえず安心と信じてなぞることが多かったけれど、今回は毎回自分で選びました。
ワダチの左を走るか、右を走るか、ワダチに入るか。
渋滞を追い抜くか、ついて走るか。
どんな小さなことでも、きちんと考えて自分で判断する。
そしてそのことに責任をもって操作する。
他の皆さんには当たり前のことなのでしょうけれども、私にできていなかったことの一つです。



キャンプ地への帰り道。
あれ?


エアモニに初アラームが!Σ(・∀・|||)

キャンプ場に着く頃には0.0に。
パンクです。


針が刺さっています。。。( ̄∀ ̄;)汗
(@BOSSにしてみると、針が刺さっていることより、去年の北4を4日間走ってもなおタイヤにヒゲがあることにびっくりしたそうですが。。。)


ということで、他の皆様がお風呂に行くのを見送ってタイヤ交換開始。
えー、自慢じゃありませんが、ワタクシ自転車以外のタイヤ交換を一度もしたことはありません。
うーん、うーん、
何をどうやってもビートが落ちません。
「これはみんなが風呂から上がるのを待とう。」
ということに。



せっかくのんびりと温泉に入ってきたのに、かまたのタイヤ交換を手伝わされる皆さん。
GS柳井号のスタンドの力を持ってしてもビートは落ちず。


4人がかりでGSのセンタースタンドを使って何とか落として頂きました。
ありがとうございました〜・゚・(ノД`)ヽ

その後は自分でやったのかというと、

チューブにヤスリをかけてくれたのは@BOSS。
パッチを貼ってくれたのは柳井さん。
ビートストッパーを出してくれたのは山下さん。


せめて最後くらいは自分でと挑戦するもうまく出来ず。


見るに見かねて手を出す骨折中の@BOSS。

結局は皆さんの(特に柳井さんの)ツールとお力を借りて無事完了。
私がやったのは空気を入れたことくらい。

「かまたさんはメンテナンス能力が低すぎ。
@BOSSさんのいないところで一人で練習した方がいいよ。」
はい、部長!(TωT)/


夕食は地元の名物ばかり。
ヤーコンが練り込まれたうどん、メンチカツ、牛串、ソーセージ、どらやき、寄せ豆腐、どら焼き、おにぎりのお米も地元天栄村のものだそうです。


ブースでのお仕事を終えた水谷さんも加わって「乾杯!」


この後、禁断のワインを口にしてしまった私。
テツさんに暴走をたしなめられるの図。(たぶん)


【日曜日】


この日はドックミーティングがあったのか朝からたくさんのワンコが羽鳥湖を散歩していました。
50kgはあろうかという真っ白なグレートピレニーズ。
ウトロンが小さく見えます。


レストランでの豪華な朝食バイキングを頂いて、


午前中はコマ図ツーのショートコースへ。
朝一番は小雨が降っていましたが、ツーリングに出たら時折青空が顔を覗かせました。
林道に差す木漏れ日がきれいです。

約45kmのショートコースは去年とほぼ同じルートのようです。


途中、ルート沿いにあった玉砂利の広場で部長が、
「GSトロフィーの映像であったアレやってみようよ。」

アレとは3人横並びとなり、センターのマシンのシリンダーに両脇のライダーが足をかけて、バランスをとるというもの。
ということで、レッツチャレンジ!


おお!

と思いきや、


ちょっとズルでした。笑
この時はエンジンをかけないままだったし、まだやり方もよくわからなかったですしね^^;

でも、2日間で唯一の青空が出た瞬間。
とってもいい記念写真が撮れたということで^_^


その後は本日のメインイベント、スキー場での「ゲレンデクルーズ」。


早速予約をする部長。
「AコースとBコースがありますが、Bコースはコンディションが悪いのでお勧めしていません。」
「じゃ、Bコースで!」
「かなり水を含んでいると思いますよ。」
「じゃ、Bコースで!」


部長と柳井さん。


ナックさんと山下さん。


いざ!

確かに土は水を含み、ゲレンデのあちこちには水が溜まっていましたが、グリップはそう悪くもなく、みんなで登頂成功!


今日はガスでけぶっていますが、本来なら見晴らしのよいゲレンデ中腹にて一旦全員集合。
家族マイレージのため今朝帰ったタジーを偲んでみんなでジョジョポージング。
後ほどこの写真を見たタジーから
「すごい!点数を上げられる人が誰もいない!」
という予想通りの採点を頂きました。笑

その後は部長の提案で、全員で一列になって降りていこうということに。
(とにかく部長からはこういう提案が次から次へと出てきます。笑)

「はい、みんな一列に並んでー!」
の号令でマシンを並べている間、


アイちゃんが部長側によろめき、あわやGSドミノか!?の決定的瞬間!Σ(・∀・|||)
(部長とそれを支えた武部さん、よくぞ持ちこたえました^^;)


ちょうどツアラテックジャパンのテツさんが動画を撮ってくれました。
テツさん、ありがとうございます!*\(^o^)/*



パパのGSでゲレンデクルーズに挑戦したアイちゃんを誇らしく撮影するパパ。(を撮影する私。笑)


せっかくなのでご一緒に^_^


キャンプ地に戻る前に、もう一度、今度は支えなしで「アレ」にチャレンジ。
左からナックさん、部長、柳井さん。
今度はエンジンをかけながら、うまくバランスをとっています。
おお!すごい!パーフェクト!*\(^o^)/*

私たちがコマ図ツーリングやゲレンデクルーズをしている間、ウトロンとキャンプ地で留守番をしてくれた@BOSSも、 温泉に入ってゆっくりできたようです。


最後はみんなで貴族のランチを頂きました。
@BOSSのスイーツ別腹には部長もびっくり!


これは2回めのアイスクリーム。
一緒にちらし寿司もデザートとしておかわり。
しかもこの前にロールケーキとムースケーキとチーズケーキとティラミスを3回戦くらい食べてます^^;;;


GSキャンプミーテイング2018。
2日間ご一緒頂いた皆さま、ありがとうございました。

来年は@BOSSも私も
GSで参加します!*\(^o^)/*

投稿者:かまた  2018年06月21日 11:48

コメント

投稿者:なんでやねん夫婦   2018年06月22日 07:41

みんなで和気あいあい いいなぁ たのしそうだなぁ ソロツーリングもいいけどこんなのもとてもいい 同じ趣味の人が集まるといいよなぁ うらやましいです

投稿者:かまた   2018年06月29日 18:54

>なんでやねん夫婦さま

ものすごーくお返事が遅くなりました!^^;
いつもコメントありがとうございます。
気心の知れた皆さんとこういうツーリングはとっても楽しいですね。
しかもオフロードのコマ図ツーリングですし。
こういうイベントを準備してくださる方々にも感謝です^_^

コメントしてください


(「通りすがり」などの匿名系はご遠慮ください)



保存しますか?

書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます。
(コメントにURLが入っていると一時保留となる場合があります)