« ルーキーズ全日程を終えてちょっとひと息、しどき2DAYS | メインページへもどる | ルーキーズスタッフ慰労会 »

       

2016年11月30日

太田YUKI(幸仁)選手から嬉しいプレゼントが!

わー!


太田YUKI選手のウエアでつー!


こらこら、食うな!( ̄∀ ̄;)汗

JEC全日本エンデューロ日高大会で優勝し、


アトラスくんもこうして一緒に連れて行ってもらった最終戦SUGO大会では、目標の6位入賞を果たした、YUKIこと太田幸仁選手。

あれはもう5年も前になりますが、

静岡は清水市にあった、ガレやらヤブやら、エンデューロに欠かせない要素をコンパクトにまとめた、太田パパの作ったコース「オーランド」に通い始めていた@BOSSと私。

東日本大震災のちょうど一週間前、2011年3月6日のブログを読むと、

当時乗っていた、硬いサスのままのCRF150では全く周回できない私を見て、YUKI選手が


トラ車並みにゆるゆるのサスにしてくれたおかげで、なんとか周回できるようになったり、


まだ7ヶ月くらいのウトロンが、ヒザの上で遊んでもらったり。


そのウトロン、調子に乗りすぎてお兄さんのMASA選手に〆られたり。笑

今読み返しても楽しかったなあ。・゚。( ̄▽ ̄)ポワーン

そして震災が起き、それっきりお会いしていなかった太田ファミリーですが、


過日、お父様である太田パパ&ママが弊社アトラスに寄ってくださった際に、YUKI選手の赤ちゃん誕生と、SUGOの応援をお渡ししたら、YUKI選手が、内祝いと一緒に、ご自身が使ったウエアを送ってくださいました。
本当にありがとうございます!

ご存じの方も多いと思いますが、


Photo:JJEC全日本エンデューロオフィシャルウエブサイトより
JECのサイトでも特集されている通り、YUKI選手は膠原病という難病と真っ向から向き合いながら、レースに挑戦し、結果を出されています。
本当にすごいです。

最近読んだ本に、

「やり方」より「あり方」

という言葉がありました。
方法や手段を考えるよりも、まず自分がどうありたいのか、その「思い」が大切、というような主旨でしたが、これを読んだ時、ふと、太田YUKI選手のことを思い出しました。

あり方。生き方。

YUKI選手の全日本への挑戦は、IAライダーとして、そして、子を授かった父として、こうありたいという思いであり、その強い思いが私たちを感動させているんだろうなあ。

YUKI選手、ありがとうございます。
相変わらず周回できないであろう私ですが、近いうちに必ず新しいオーランドに@BOSSとウトロンと一緒にお邪魔させて頂きますね。*\(^o^)/*


See You Soon でつ!

投稿者:かまた  2016年11月30日 19:05

コメント

コメントしてください


(「通りすがり」などの匿名系はご遠慮ください)



保存しますか?

書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます。
(コメントにURLが入っていると一時保留となる場合があります)